ページの先頭です

株式会社IHIエスキューブ

ここからグローバルナビです。

グローバルメニューここまでです。

導入事例|iS-WMS

某自動車部品製造メーカーでは、複数の工場で車両関係の部品を製造しています。工場では24時間体制で高品質を保ちつつ、高い生産性を実現しています。


導入目的

<課題>リアルタイムでの作業進捗の把握

  • 各工程での出来高状況を把握したい
  • 作業進捗を把握したい
  • 作業実績の集計を自動化したい

導入効果

  • 生産性の見える化
  • 作業進捗の見える化:作業現場においてリアルタイムかつスピーディーに状況を把握できるようになり、的確な作業指示をできるようになりました。

システム特長

 見える化ツール「iS-MOLA」を導入 iS-MOLA

  • 既に導入のMESとシームレスに連携:MESより出来高と作業進捗を収集
  • わかりやすい表現方法:ボックス表示やグラフ表示を採用

システム概要

  • 管理サーバ
  • タブレット端末(Windows8)
  • 無線アクセスポイント

生産状況表示

作業状況表示

PDF表示
(図面や手順書等)

写真撮影機能
タブレット端末による利便性の向上
  • 画面タッチによる簡単操作
  • 場所を選ばず状況確認可能
  • PDF表示により、現場での図面や手順書の確認が可能
  • 不具合をタブレット・カメラで撮影、その場で管理者へメール送信

製品に関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせ

03-3213-7610

総務部 総務グループ

製品・ソリューション

TOPへ戻る

サイトのご利用案内ここまでです。