ページの先頭です

株式会社IHIエスキューブ

ここからグローバルナビです。

グローバルメニューここまでです。

見える化ソリューション|iS-WMS

物流現場では、日々の運用を円滑に効率よく行うために、棚状況、在庫状況、作業員状況を把握し、現状分析することによって業務改善を行う必要があります。しかしながら、これらは経験や高度なノウハウが必要です。
IHIエスキューブの倉庫内作業・見える化ソリューションは、経験やノウハウに依存せず、物流現場の業務効率化・改善を行います。

進捗状況の見える化

タブレットPCを利用することで任意の場所で状況を確認することができます。 このことで管理者が現場でリアルタイムに直接状況を確認しつつ、指示ができるようになります。
運用性が改善され、無駄な作業や移動などが排除され作業時間の短縮が図れます。

 の主な機能
MOLA(Monitoring of Operation Linked Analysis)

メイン機能 オプション機能
  • 生産性の表示
  • 作業進捗の表示
  • ミス率の表示
  • 実績収集機能
  • カメラ撮影機能
  • メール送信機能
  • PDF表示機能
  • シーケンサとの接続

在庫状況の見える化

商品の出荷頻度(アクセス頻度)による色分け、在庫の在庫日数などの分析情報と在庫配置状況を重ねて視覚化することにより、倉庫内の効率的運営のお役に立てます。

作業時間を検証したい・・・
庫内作業を簡単シミュレーション

翌日作業予定と当日在庫をもとに、翌日作業時間のシミュレーションを行います。それだけなく、季節変動品の配置替えの影響の確認のようなやり直しの利かない作業を予めシミュレーション上で試すことが可能です。
また、現在の在庫は位置を評価するため、作業導線距離によるシミュレーション分析を行うことが可能です。作業導線距離の最適化により作業性賛成の向上を図ります。

庫内作業を簡単シミュレーション

・作業時間シミュレーション前 (PDF形式:0.1MB)
・作業時間シミュレーション後 (PDF形式:0.1MB)
・作業時間シミュレーションデモ(wmv形式:9.4MB)

庫内作業を簡単シミュレーション

株式会社シーイーシー製『RaLC』

※株式会社シーイーシー製『RaLC』と連携しています。

作業状況の見える化

物流センター構築計画時または稼働後、仮想モデル上で棚配置を変更してシミュレーションを行い、作業員の導線距離を比較評価します。
倉庫全体で作業導線が最適になるような棚配置を見直し、 生産性の向上、作業効率アップの支援をします。



製品に関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせ

03-3213-7610

営業部

製品・ソリューション

TOPへ戻る

サイトのご利用案内ここまでです。